巴波川の歴史(栃木情報満載 栃木オンラインモールnews)

蔵の街で有名な栃木市。その蔵と蔵の間を流れるのが巴波川です。そんな歴史ある巴波川も一時期はヘドロがたまり、荒れ果てていました。しかし現在では、清掃活動なども積極的に行われ、少しずつですが水もきれいにはなってきています。
そんな巴波川ですが、以前は夏になれば子ども達の良い遊び場だったそうです。みんな近所の子等は巴波川で泳いだり、魚をとったりして遊んでいたというから、現在ではとても想像できません。それが高々3,40年前の話と聞くとなんだか考えてしまいます。

私達は生活が便利になった分、逆に大切なものを失くしてしまったような気がしてなりません。環境問題などと大きな事を言うつもりはありませんが、夏になれば、近所の子ども達が元気に巴波川で遊んでる姿を想像すると…私達大人は、これからの子ども達のため、何かすべきではないだろうかと考えてしまいます。インターネットやゲームで、『情報』として昆虫や動物、生き物について教えるのではなく、実際に目で見て、手で触れて、そこから命の大切さなどを教えていければ…いや教えるのではなく、自ら遊びの中で学んでいければ、より良い社会になっていくのではないでしょうか。

(栃木県でお店、企業をお探しなら栃木オンラインモールをどうぞ)
[PR]
by t_o_m_news | 2008-03-12 16:07 | 栃木県の歴史


<< 栃木県の知事の歴史(栃木情報満... 宇都宮タワーの歴史(栃木情報満... >>