企業ホームページの意義(栃木情報満載 栃木オンラインモールnews)

 そもそも企業にとってホームページを作成する意義とは何なのでしょうか。『ホームページを導入した事で、売上が飛躍的にアップした』などの話がテレビ、新聞、雑誌等のメディアで良く紹介されています。今まで注目を浴びていなかった企業が、ホームページ導入で劇的に売上を向上させた、確かにそのような事例は起こりうる事であり、ホームページ導入のメリットの一例にはなるでしょう。
 しかしそれらの例は全ての企業に成り立つのでしょうか。確かにホームページは地域や時間による限定がありません。見たいとき見たい場所で、その情報を受け取ることができます。しかしそれが売上などの経営的な側面とすぐに合致するとは限りません。事例は、商品、サービス自体に潜在的に売れる魅力があったが、認知度があまりにも低かったために、本来の売上が低かったと考える方が自然だと思います。
 それでは企業がホームページを作成する意義は、売上拡大ではないのでしょうか。確かに売上拡大は、目標、目的にはなり得ますが、本来の意義とは外れてくると、私は考えます。
 企業として活動する以上、お客様へ徹底してサービス向上に努める姿勢が求められます。現在の状況を考えると、インターネットの普及で、誰でもホームページを見る事が容易になってきました。そして情報をインターネット上で得たいという需要が大分高まってきています。そうした需要に応えるためには、企業もホームページを持ち、そこからお客様が求めている情報を発信していく事が、顧客サービス、顧客満足の拡充と言えるのではないでしょうか。
 つまり企業ホームページの本来の意義とは、お客様の要望が時代と共に変化しきた結果への企業としての対応という事だと思います。その結果として満足のいく情報を得られたお客さまが、その企業の売上を伸ばしてくれ事になったり、企業としての印象が高められたりする事になると思います。しかし、ホームページ作成の意義を、ただの売上の拡大としてしまっては、反射的に売上が向上しても、永続的な発展は難しくなってきてしますのではないでしょうか。

(栃木情報満載 栃木オンラインモールnews)
[PR]
by t_o_m_news | 2007-02-18 00:04 | 手束bizコラム


<< SEO対策 見出しタグ(栃木情... ビジネスブログの活用(栃木情報... >>