栃木県の県名の由来(栃木情報満載 栃木オンラインモールnews)

栃木県の県名の由来について調べてみました。調査の結果、
①トチノキ(栃の木or橡の木)が多く生えていたことから”栃木”となった説が有力のようですが、その他にも様々な説があり、実際のところは、良く分からないといった様子です。

ちなみにその他の説も見てみると
②最初に県庁が置かれた栃木市の神明社の屋根に、10個の千木があったことから、(十の千木)で”栃木”となった説などがありました。

余談ですが、イチゴ(2004年)、かんぴょう(2002年)、にら(2004年)の生産量が日本一になってました。

(情報元 帝国書院文献参照)

(栃木県でお店、企業をお探しなら栃木オンラインモールをどうぞ)
[PR]
by t_o_m_news | 2008-03-12 16:08 | 栃木県の歴史


<< 栃木県の市町村合併状況(栃木情... 蔵の街 栃木(栃木情報満載 栃... >>